福山で外壁のリフォームをお考えの方!それって本当にリフォーム必要ですか?

弊社(ばすたーず。)は屋外を専門とした清掃を/福山/尾道/三原/府中/井原/笠岡/倉敷/を中心におこなっております。


「外壁の汚れ」「玄関先の汚れ」「塀の汚れ」「溝の汚れ」「エントランスの汚れ」「擁壁の汚れ」など、気になる場所の汚れは様々あると思います。


そんな屋外の汚れをばすたーず。は適切な洗剤・薬品・道具を使い除去していきます。





そもそもリフォームが必要なときっていつ?

以上の内容を解説します。


チョーミング

チョーキング(Chalking)とは、主に塗装表面が暴露状態の際に紫外線・熱・水分・風等により表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって現れる現象や状態を言います。

 
塗装の浮き・剥がれ・ひび割れ

浮き・剥がれ・ひび割れの塗装を放置していると」内部に水が染み込み外壁その物を劣化させ塗装だけで済んだ施工も補修が必要になったり余計な費用がかかる場合があります。

少しくらいと言って放置するのではなく早めに塗装しましょう!

 
コーキングの劣化

コーキングの劣化を放置していると、隙間から雨水が侵入してサイデイング内部の腐食やカビが繁殖します。 サイディング内部の断熱材にカビが生えると、病気の原因にもなる可能性があります。そして骨組み木材が腐食すると、倒壊の恐れがあり大変危険です。

 

外壁塗装してある場所に苔が生えているということは、既に塗装の寿命が終えている可能性が高いです。チョーキングが出るか確かめてみてください!


苔が厄介なのは酸性の水を作りだし、セメント類を劣化させることです。

苔がもたらす劣化についてはこちらをご覧ください。


これらが外壁に見られたらリフォームを検討しても良いと思います。

 

外壁のリフォームが必要ない場合



目次:
1.塗装をしない方がいい外壁
2.外壁汚れ

詳しく解説します。


1.塗装をしない方がいい外壁

外壁といっても様々な種類があります。

その中で塗装をしない方がいいと思う外壁は


  • レンガ

  • タイル

  • ブロック

  • コンクリート


以上が塗装の必要がありません。


 

レンガ

レンガに塗装しても直ぐに剥がれてしまうので塗装は必要ありません。

しかもレンガ外壁は費用が物凄く高額でその分メンテナンスフリーが売りの材質です。

なので撥水剤を定期的に散布する事が長持ちの秘訣です。


 

タイル

タイルもレンガ同様にメンテナンスフリーと言われています。

ですが、タイルはレンガよりメチ部分が弱く劣化しやすいので、こちらも撥水剤を定期的に散布することで長持ちさせることができます。


 

ブロック

ブロックは水分を吸収しやすいので塗装をしても剥がれやすいです。

ブロックに塗装をして数年で塗装が剥がれて見た目が汚くなり困っているお客さんを多く見てきました。


ブロックに染み込んだ雨水や地面から吸い上げた水を蒸発するのですが、塗装がしてあることで、水が外に抜けず塗装を押し出して浮かせます。


 

コンクリート

コンクリートの塗装も反対反です。理由は

早めに補修しないとコンクリートその物を劣化させてしまうからです。


近年、雨は環境汚染で酸性雨となって地上に降っています。

コンクリートの材料であるセメントは強アルカリ性なので酸性に非常に弱く酸で中性化されセメントが溶け出し、スカスカのコンクリートになってしまいます。


劣化して吸着力のなくなった塗装とコンクリートの間に隙間ができ、そこに雨水が入り込むことでジワジワとセメントが溶けるのです。


 

塗装がなければ早く乾くのでそこまでダメージはありませんが塗装の隙間に雨水が入るのが厄介ですね!




全てのセメントで作られた物(外壁に言えること)に共通で言えることなので塗装を一度したら早めに補修をしましよう。


 

まとめ

セメントで造られている/レンガ/タイル/コンクリート/ブロック/類には塗装はしないべきです。

洗浄だけでも綺麗になります。