外壁の汚れ気になりませんか?その悩み「ばすたーず。」が解決します!

弊社は外構専門の清掃業者です。

主に高圧洗浄機を使用し汚れを洗い流します。高圧洗浄機で落ちない汚れは洗剤や薬品を使用し、汚れを落とします。


こんなにキレイになります!!

お家のイメージ、激変ですよね!


目次
・汚れの種類
・病気の原因
・まとめ





 

汚れの種類


外壁に付着する汚れは!

  1. 生き物汚れ

  2. 「砂」「排気」などのホコリ汚れ

大きく分けると、この2種類です!


1.生き物汚れとは?

主に、「カビ」「コケ」「藻」などが生き物汚れに該当します。

外壁汚れでこの生き物汚れが一番厄介で、高圧洗浄機で洗い流した程度では、数ヶ月後に再び繁殖します。


 
2.「砂」「排気」などのホコリ汚れ

ホコリ汚れは沢山の種類があります。

外で日が差している日、ちりのような無数のホコリが浮遊しているのを見たことありませんか?あのホコリは日の光でたまたま見えただけで、普段から浮遊しています。

それが、雨で外壁が濡れることで外壁にくっつき、何層にも重なり被膜となります。


 

外壁に付着する汚れの種類は大きく分けて、この2種類です。

ホコリ汚れは家庭用の高圧洗浄機でも比較的に簡単に汚れが落ちます。

問題は生き物汚れです!



外壁に発生する汚れの種類はこちらをご覧ください。

 

病気の原因

生き物汚れは病気の原因にもなります!

しかも「カビ」は危険で、過去には死亡事故も起きています。


死亡事例

 英国で健康な男性が、ガーデニング中にカビの菌を吸って10日足らずで死亡した。

 この男性は前月、胸部の痛みや呼吸困難、ひどい咳などの症状を訴え病院を訪れた。

診察した医師は当初、男性の職業が溶接工で喫煙歴もあったことから肺炎を疑い、強い抗生物質2種類を投与、その後も症状が続いたため、もう1種類を投与した。

 しかし男性の症状は悪化。挿管措置を行っても体内組織に十分な酸素を届けることができず、血液検査でも非常に高い毒素が検出されたため、来院から24時間もたたずに集中治療室に移された。


 男性の「だ液」を調べたところ、原因は空気感染を起こすアスペルギルス・フミガタスと呼ばれる真菌の毒素だということがわかった。

詳しい調査の結果、男性は腐敗した木片や植物を根覆いとして自宅の庭に撒いた後、24時間もしないうちに症状が出始めていたことも明らかになった。

 症状が特定された時点で、男性には「リポソーム封入アムホテリシンB」が投与され、膜型人工肺(ECMO)による治療が施されたが、血圧は低下し、急性腎不全を引き起こした。その後、透析を行っても容体は回復せず、必死の治療もむなしく死亡したという。

 

非常に怖いカビ、日テレで放送されているNEWS24でもカビについて放送されています。

こちらでは室内のカビしか仰っていませんが、屋外のカビの方が長年繁殖していますので感染力が強いです。

外のカビの恐ろしさについてはこちら


 

まとめ

外壁の汚れは様々で、いろんな汚れがあります。外壁の汚れを掃除することで景観が良くなるだけでなく、病気の原因である「カビ」を撃退する事ができます。


外壁のカビは室内と少し見た目が違う場合が多く、カビだと気が付かない方が多くいらっしゃいます。

アレルギーを持った方や持病がある方は早めに除去をして健康で楽しい生活を送りたいものですね!


ばすたーず。は外構専門に清掃/洗浄をおこなっております。

カビ・コケなどの汚れも適切な洗剤や薬品を使い除去します。